〒107-0061
東京都港区北青山3-3-5
東京建物青山ビル6階 地図
Pagetop

News お知らせ

2021-10-28
APP

業界初!投資信託・つみたてNISAに対応、長期投資・積立投資の力強いパートナーに!株式投資 管理・分析アプリ『カビュウ』

株式会社テコテックは、株式投資 管理・分析アプリ『カビュウ』が2021年10月28日より、投資アセットに「投資信託」を追加し、同時に「つみたてNISA」に対応したことをお知らせいたします。本機能追加により、従来よりご愛用いただいているアクティブ投資家さまのみならず、長期投資家・積立投資家など、より多くの投資家さまにご利用いただきやすくなりました。

※2021年10月時点で、カビュウにて投資信託の取り扱いが可能な証券会社はSBI証券と楽天証券です。

投資信託・つみたてNISAに対応
業界初、投資管理・分析アプリにおいて「投資信託」に対応しました。
従来、投資信託の取引は株式やETFとは異なるブラインド方式を採用しており、投資家は適用される基準価額がわからない状態で注文を行うため、価額いくらで購入・売却したのか把握しづらいのが課題でしたが、カビュウではチャート上にIN(購入)とOUT(売却)のポイントを描画する機能を用いて、投資信託においても購入・売却のタイミングや価額をクリアに可視化できました。
定期的に買付を行う積立投資のINポイントもこれで一目瞭然です。

様々な機能も投資信託に最適化
「損益一覧」機能において、「投資信託」銘柄のみのフィルタリングに対応しました。
また、リストのタグ色を分けることによって、日本株式、米国株式、投資信託が混在したリストにおいても判別を容易にしました 。

「ポートフォリオ」→「上位10銘柄」「アモルファス・ヒートマップ」画面においても、「投資信託」銘柄のみのフィルタリングに対応しました。

「ポートフォリオ」→「資産構成」画面においても、従来は債券などとともに「投資信託等」に含まれていた投資信託を、「投資信託」として独立して取り扱い、その保有割合を描画できるようになりました。

※2021年10月時点で、カビュウにて投資信託の取り扱いが可能な証券会社はSBI証券と楽天証券です。

カビュウとは
ご利用中の証券口座のログインIDをカビュウに登録しておくことで、毎日自動で株式の売買履歴や資産推移を可視化できるサービスです。複数の証券口座を一括管理して記録分析を行うこともできます。

■サービス概要

株式投資 管理・分析アプリ『カビュウ』
名称 カビュウ
利用環境 Android: 5.0以上
iPhone: iOS11 以上
対象商品 日本株式(特定口座 / 一般口座 / NISA)
※大和証券は一般口座、NISAに対応しておりません

米国株式
※SBI証券 / 楽天証券 / マネックス証券に対応

投資信託(特定口座 / 一般口座 / NISA / つみたてNISA)
※SBI証券 / 楽天証券
対応証券会社
(2021年10月現在)
・SBI証券
・楽天証券
・auカブコム証券
・松井証券
・GMOクリック証券
・マネックス証券
・SMBC日興証券
・野村證券
・大和証券
※その他の証券会社については順次対応を進めております。
紹介サイト WEB カビュウ公式サイト/公式Twitter
ダウンロード iOS版/Android版

Share
twitter facebook