スタッフの声

テコテックは知恵と創造により
社会の梃子(テコ)として貢献するよう、
2022年も日々挑み続けます。

裁量が大きく、個々人が一番やりやすい方法で進めることができる環境です。

名前:T.O

所属:決済認証システム開発事業部 マネージャー

入社:2020年

前職では営業支援ソフトを販売しているパッケージ会社で、保守チームのリーダーを担当していました。開発や顧客折衝もやっていきたいと思うようになり、転職を決めて、現在はテコテックで旅行会社さま向けのサイト改修案件のPMを務めています。

テコテックのPMとして働く魅力は、個々人が一番やりやすい方法で進めることができる点ですかね。型にはまっていないので、経験がある人は経験の通りにやってもいいし、自分で勉強して新しいことをやってもいいところが魅力だと思います。これまでの会社はルールや決まりが多かったのですが、テコテックはある程度自由なのでストレスが少ないです。

また、PMの情報共有会を週に一度オンラインで行っています。部長とPM8名が参加して、各プロジェクトの状況を共有し、困っていることがあれば相談します。PMとしていろんな進め方やテクニックがあるので、それを共有する機会があることで私自身とても勉強になっています。

チームのメンバーは自ら考えて動ける人達です。私が間に入らなくても、メンバー同士で自発的にやりとりして解決していることもあります。彼らの様な方に入社いただけたら嬉しいです。

「やりたい!」と言ったら裁量大きく任せてもらえています。

名前:Y.F

所属:決済認証システム開発事業部 マネージャー

入社:2019年

前職ではアプリのデザイナー兼エンジニアとして、ファッション系や飲食系などのアプリ開発をしていました。もっと他のジャンルの案件に関わってみたい、デザインや開発の幅を広げてみたいと思うようになったのが転職を考えるきっかけでした。

もともとiOSエンジニア兼Webデザイナーとして入社しましたが、現在はプロジェクトマネジメント業務をメインに、開発やUI/UXデザインにも関わっています。自分の志向として、「ものをつくる提案のところから携わりたい」と思っていますが、テコテックでは「やりたい!」と言ったら裁量大きく任せてもらえています。

クライアントの要求のヒアリングから企画書の作成、開発からテストまで、かなり広い分野で関わることができています。

裁量が大きい分、もちろん責任も大きいです。アウトプットをするものは、クオリティの高さはもちろん、お客様の要望をしっかりとヒアリングをして、お客様の想像以上のものを一緒に作り上げていけるよう心掛けています。

新卒でも対等に意見を聞いてくれる風通しの良さが魅力です!

名前:M.H

所属:決済認証システム開発事業部

入社:2021年

新卒で入社し、5ヶ月間の研修の後、現在はアミューズメント・スポーツ施設のチケッティングシステムの開発に携わっています。1ヶ月前から本格始動したプロジェクトで、要件定義から参加。新卒で新規プロジェクトに配属されると思っていなかったので驚きもありましたが、自分の考えがシステムの骨格に影響を及ぼす段階から参加できるのは刺激的で楽しく思います。

テコテックは裁量の大きさと、それを受け止められる度量の広さのある会社です。新卒は出来ることが少なく、必然的に指示される側の立場になりやすいと思います。ですが、経験が無いからとないがしろにせず、皆さん対等に意見を聞いてくれます。
また、上司が意思決定の理由を部下にしっかり説明してくださり、働いていて安心感もあります。

裁量は大きくありながら、風通しの良さが安心感に繋がっていて、バランスのとれた職場だと感じます。

経営陣が現役エンジニアなので話が通じやすい。やりたいことを伝える発信力とコミュニケーション能力があると活躍しやすい環境です!

名前:K.O

所属:次世代デジタル基盤開発事業部

入社:2013年

前職はtoBサービスの企業でサーバサイドエンジニアとして勤務していました。30歳の節目を迎え、toCサービスの開発をやりたいと転職活動を開始しました。当社は小規模の開発体制で、自分の意見を取り上げられやすいと感じての志望でした。
実際入社して印象にギャップはなく、裁量をもって自由に提案が出来る環境に満足しています。

現在は、Maasアプリのバックエンド開発と所属エンジニアの取りまとめを行っています。自分で手を動かすだけでなくマネジメントもできるようになったので、成長できたのかなという感触があります。クライアントサイドのエンジニアは年齢が若めの同年代チームなので、彼らのリーダー的な役割を発揮してくれる人が来てくれたら嬉しいですね。

当社は社長も取締役も現役のエンジニアなので、新技術の話が通じますしフラットな関係性でやりやすいです。
自分も会社も一緒に技術向上させようという前向きな人を待っています!

中学生の頃からゲーム業界に入りたくて、高校、専門学校と情報処理を勉強。プログラマーとして就職後、ディレクターへとステップアップしてきました。

名前:S.H

所属:次世代デジタル基盤開発事業部 マネージャー

入社:2014年

クライアントからのオーダーや自社発想でゲームを企画するのがプランナーで、その企画を具体的なゲームにするプロジェクトのまとめ役がディレクター。両方を兼ねることも多く、私もプロジェクトごとに役割が変わります。大きな案件だとプランナーやデザイナー、エンジニアなど十数名が参加し、企画開発からバージョンアップ、イベント設定までをプロジェクトのチーム全員で行うことになります。

発想力が何より大切な仕事ですし、私も普段から意識的に映画やマンガを見てヒントを探しています。買い物をしても食事をしても、「これ、ゲームにならないかな」と考えます。そんな自分のアイデアを、「面白いでしょ?」と世の中に発信できて、その反応がダイレクトに戻ってくる。苦労を超えるやりがいがある仕事です。

テコテックは少数精鋭で裁量の範囲が広く、何でもできるのが魅力ですね。ゲーム以外の事業を手がけているのも、安定感につながっていると思います。

自発性や自主的行動を評価する風土があり入社後も「行動すれば目に留まる」と実感。自己アピール力のある人が活躍できます!

名前:H.S

所属:証券フロンティア事業部

入社:2015年

前職では組込みシステムの開発エンジニアを経て、営業を6年経験しました。やはり開発をしたいという思いが高まり、スマホアプリの経験を積みたいと当社へ。未経験でしたが、自分なりに勉強してベースを作り面接でアピールしました。当社は自発性や自主的行動を評価する風土があり、入社後も「行動すれば目に留まる」と実感しています。自己アピールを厭わない発信力がある人は、力を発揮できるでしょう。

当社ではこれまで投資管理サービスのパートナーアライアンスの運営や管理に携わって来ました。そんなプロダクトに関わってきた自負がやりがいですし、証券業の知識を得られる面白さも感じています。

日本ではまだまだ根付いていない投資文化ですが、このサービスを通じて投資管理という概念を世に広めていき、今まで以上にリスクを回避して投資を楽しめる環境を作っていければと考えています。

実績以上に「ここで成し遂げるんだ」という意志を評価する会社。未経験でも諦めずに思いを発信すれば"最先端"に挑戦できる環境です!

名前:Y.F

所属:次世代デジタル基盤開発事業部

入社:2016年

アニメやゲームが好きでエンタメコンテンツを作りたいと思っていたのですが、総合化学メーカーに新卒入社し研究員として勤務しました。しかし、数年を過ごすうちに持っていた思いが高まりゲーム業界への転職を決意。未経験だったので書類選考で落ちてばかりだった中で門戸を開いてくれたのが当社でした。面接日に受付で会った社員に「頑張って下さい」と声を掛けられて感激。入社の決め手になりました。

ゲームディレクターを経て、現在はブロックチェーンを活用したコンテンツ開発に関わっています。未成熟で答えがない市場の中で、自分の意思と行動が後のルールとなり規制になっていく。先駆者としてのやりがいを感じています。

私が未経験で入社できたのも、視座を変えてみたいと直談判して現在のポジションに移行できたことも、すべて「自分で動こうとしている者にはチャンスを与える」という会社の姿勢があってこそ。
実績がないと諦めずに、ひとまず気軽に応募してください!

1日の流れ

  • システムエンジニア
  • プロジェクトマネージャー

システムエンジニアのとある1日の流れ

  1. 10:00

    出社・メールチェック
    出社後に、メールや作業依頼などの連絡をチェック。自分の作業時間や打合せの時間など1日のスケジュールを想定してから作業に入ります。
  2. 10:30

    定例・社内ミーティング
    進行中のプロジェクトのメンバーが集まり、作業の進捗報告・1日の作業内容の報告・スケジュール感のすり合わせなどを全員で行います。
  3. 11:00

    デスクワーク
    まずは、出社時に確認した作業依頼をこなしていきます。その後、作業中のタスクをこなしていきます。自分の中で優先順位を決め、その優先順位に沿って作業をします。
  4. 13:00

    昼食
    プロジェクトメンバーと時間を合わせて一緒に外でランチをすることが多いです。ランチの時は仕事の話よりも、共通の趣味の話題で盛り上がります。
  5. 14:00

    デスクワーク
    午前中に行っていた作業の続きを行います。その他にもクライアントやユーザーからのお問合せ対応も行います。
  6. 16:00

    クライアントと定例ミーティング
    クライアントとの打ち合わせでは、進行中のプロジェクトについての進捗確認や開発要件などのすり合わせを行います。必要な資料があれば事前に準備します。
  7. 17:00

    ミーティング内容の整理
    クライアントとのミーティングでメモしたことを一度読み返し、同席したメンバーと認識のすり合わせや相談などを行います。
  8. 17:30

    デスクワーク
    残っている開発作業を行います。クライアントとのミーティングで議題に上がったことの調査をしたり、時には社内ミーティングを行うこともあります。
  9. 19:00

    退社
    退社の30分前に今日の作業を整理し、進捗報告を行います。また、翌日にやる作業内容の確認をして、朝一から作業に入れる準備を行ってから退社します。

プロジェクトマネージャーのとある1日の流れ

  1. 11:00

    出社・メールチェック
    出社後にクライアントやユーザーからのお問い合わせメールの確認や、エンジニア・デザイナーからの確認依頼などの連絡をチェックします。
  2. 11:30

    デスクワーク
    クライアントへの回答や、指示書の作成・改修要件のとりまとめなどを行い、各作業者へ依頼します。
  3. 14:00

    昼食
    出社時間が遅いので、ランチの時間も遅いことが多いです。遅い時間帯なので人気のお店でも待ち時間なしで入れることがあります。
  4. 15:00

    外出(クライアントと定例ミーティング)
    クライアントとの打ち合わせでは、プロジェクトの進捗報告や運用スケジュールの確認、機能追加の場合は仕様のすり合わせなどを行います。
  5. 17:00

    社内ミーティング
    プロジェクトメンバーが集まり、進捗の確認や仕様のすり合わせなどを行います。
    クライアントとの定例ミーティングなどで行われた話をプロジェクトメンバーに展開し、今後の方針などを決めたりもします。
  6. 18:00

    デスクワーク
    仕様書の作成や残っている作業や、コンテンツの確認作業などを行います。新規案件がある場合は工数計算や費用の見積りなどを行うこともあります。
  7. 20:00

    退社
    各作業者の進捗確認やタスクの整理を行い、翌日のスケジュール確認してから退社します。